座談会

若手社員が語る、明治フレッシュネットワークのいいところ

就職は人生にとって大きな岐路のひとつです。
就職活動を経て、明治フレッシュネットワークに入社した6名の若手社員に、
就職活動中のこと、実際に入社して働き始めて感じることを、ざっくばらんに話してもらいました。

  • 大友 大友 実歩/関東支社 東京支店 業務商品営業2グループ
  • 渡邊 渡邊 和喜/中国支社 岡山支店 リテール営業グループ
  • 岡村 岡村 春佳/本社 人事総務部 人事グループ
  • 川崎 川崎 真里奈/近畿支社 業務商品営業部 業務商品営業2グループ
  • 平野 平野 皓一/関東支社 戸田支店 リテール営業2グループ
  • 久保 久保 愛実/関東支社 業務部 業務1グループ

みなさんは、
どうして明治フレッシュネットワークに
応募しましたか?

大友

大学では食品に関わる学科だったので、食品業界で探していて、その中でも特に卸売業に興味があったので応募しました。

川崎

私は、乳製品を食べることが好きだからかな(笑)
「食べる」って毎日の生活に欠かせないことだからそれを仕事に出来るっていいなって思ったからです。

平野

僕は、営業を希望していたので、営業するなら生活の中で深くかかわるものがいいなって思っている中で、食品が一番身近だったからですかね。

岡村

私は、明治グループっていう安心感もあったかな。

久保

私は、ホームページで働きやすそうな印象を受け、魅力を感じました。

渡邊

僕は、大学の就職支援センターの先生におすすめされたのがきっかけでした。

座談会風景

就活をしている時に
どうゆうところをみていましたか?

岡村

採用サイトの先輩社員のページはしっかり見ました。

平野

僕も、色んな会社の採用サイトの自分より1つ・2つ上の社員の方の話を見ていました。近い年齢の人がこうゆうことをしているっていうのを参考にしてましたね。

渡邊

他社の先輩紹介は仕事とか会社の話だけなんですけど、明治フレッシュネットワークの先輩紹介で、会社の近くにサッカースタジアムがあるって紹介している人がいて。それが好印象でしたね。もちろん仕事は忙しいのだろうけど、仕事ばっかりではない余裕を感じたというか。

※現在はホームページリニューアルの為、変更になっています。

全員

私もそこチェックしてた!!
プライベートとか仕事の後のことって気になるよね。
学生から急に社会人になって、最初から遊べないとかきっと耐えられないかなって・・・
もちろん仕事も大切だけど、プライベートも大切だしね。

明治フレッシュネットワークに
入社を決めた理由は?

川崎

面接を受ける時に、社内の働いている人の様子も見ていました。明治フレッシュネットワークは、一次面接の時にフロアで働いている方の横を通った時に、社員の方が挨拶してくださって。色んな方が声かけてくれてすごい社内が明るく感じたんです。
他社の面接ですごく忙しそうな中を恐る恐る歩いたりしたこともあったので、「あたたかい会社だな。ここだったら頑張って働いていけるかな」って思ったのが決め手ですね。

岡村

入社を決める条件として福利厚生や勤務時間、年休の取得率や給与面などを重要視している人が多いですが私は違ったかな。私は明治グループということで明治の商品を中心に消費者が誰でも知っている商品を扱えるかなって。

渡邊

僕は明治グループの安定感が入社を決めた理由のひとつかな。10年、20年後を考えたときに安心できるかなって。

平野

僕もそれあったかも。応募したきっかけも明治グループってことだったし。
あと、グループ会社なのにエリアが限定されてなくて全国展開していて、しっかり規模がある会社なんだな、っていうのは大きかったですね。

女性一同

福利厚生とかは学生の時は見てもよくわからなかったけど、育休の取得率とかは見てましたね。
女性100%って載ってたから、子供ができても「続けられる会社なんだな」って私もそこは気になりました。子育てしながら働いている先輩がたくさんいるっていうのは心強いし、長く働けるっていうのはポイントになりましたね。

座談会風景

入社前と入社後で
変わったなと思うことはありますか?

渡邊

人生の夏休みともいわれる学生から、社会人になることをちょっと恐れていたんですけど、いざ働いてみると社会人は社会人でいいなと思う部分が多かったです。仕事を任されることが少しずつ増えてくると楽しくて、お客さんの役に立てたときに、ちょっとは貢献できたという喜びというか、達成感があります。
あと社会人になっても、土日休みにみんなと遊ぶこともできるし。思っていたほど社会人に対してマイナスはなかったです。

久保

生活リズムは全然違います。学生のときって好きな時間に好きなように行動していたから。
今は、就業時間中はしっかり集中して仕事しているので、社会人の方が規則正しくて時間を有効活用できています。

平野

責任感っていう意味でも全然違いますね。ミスをしてしまうと、取引先に迷惑をかけてしまって自分ひとりでは解決できるかと思うと慎重になりますよね。夜寝る前に明日のスケジュールを考えたりと責任感が自分でもびっくりするくらい出てきました。

川崎

私も、お客さんを持ってから特に責任感を持つようになったかもしれない。問い合わせもたくさん来るし、イベントが近づくとやらないといけないことがいっぱいあって。必ずしもやらなくてもいいことでもやったほうがお客さん喜ぶだろうなって思って。なんだかんだ四六時中仕事のことを考えるようになってる気がします。

岡村

私の業務は社員の方に係る仕事をしていて、ミスをすると社員の皆さんに迷惑をかけてしまうので、物事に慎重に取り組むようになりました。

仕事をするうえで
大事にしている心構えはありますか?

渡邊

お客様に商品を好きになってもらう事も大切ですが、まずは1人の営業担当者として自分を好きになってもらえるよう努力しています。

大友

「多分」「おそらく」などあいまいな言葉を使わないようにしています。
お客様と接する時は自分が会社の代表として、対応しているので。わからないことは、必ず確認をしてから応対するよう心掛けています。

久保

「報告・連絡・相談」です。わからない時や間違えた時は正直に言うことを心掛けています。
あと、挨拶をしっかりすることです。明るく積極的に自分からコミュニケーションをとるよう意識しています。

明治フレッシュネットワークの
ここが素敵だなと思うところは?

渡邊

悩んだ時や分からない時は、先輩が気軽に相談にのってくれますし、何かしたいことがあれば積極的にチャレンジさせてもらえるのですごく恵まれた環境だと思いますね。
新入社員でまだ仕事に慣れてない時でもOJTが充実していて、しっかり管理してくれたので、ほとんど残業をすることがなかったですし。

川崎

他の会社で働いている友達とかは上司が帰るまで帰れないとか帰りづらい雰囲気があるとか聞くもんね。

岡村

常に残業するとモチベーションも下がるし、仕事とプライベートが両立できるっていうのはすごくいいですよね。

平野

お客さんありきではあるけど、年休も仕事の調整がつけばとりやすい環境だよね。ちゃんと休みが取れるのもいいよね。

大友

年が近い若手の先輩とご飯に行ったり、社内でのレクリエーション行事があったり、業務以外でもコミュニケーションがとれてすごく楽しいです。

久保

私の部署は年齢が離れてる方が多いので、最初は年の近い先輩がいないことがちょっと不安だったんですけど、すごく話しやすいし、気にかけてくれるし、優しい方が多くて。人間関係は本当に恵まれてるなって思ってます。

川崎

入社後も工場見学だったり、洋菓子研修、商品研修などいろんな研修でフォローがあるのが嬉しいですね。
日常の業務でも先輩も上司もすごく丁寧に指導してくださるし。

座談会風景

OJTはどんな感じだった?

女性一同

OJTの期間は研修内容のカレンダーが作ってあって、すごく手厚くやってもらいました。組織を知ることも大切だからって各部署がどんなことやってるかっていうところからしっかり教えてくれました。

渡邊

僕も最初からスケジュールがけっこうバシッとできていました。
「この日はこういう研修、この日は健康診断、この日は車の運転のための教習を受ける」とか。支店に配属されてからも「この日はこの人に同行、この日は私についてきて」みたいに予定が組まれていて、すごい教育内容は手厚いなって思いました。

平野

業務を持ってる先輩方って、すごくお忙しいんですよね、やっぱり。皆さん外出しちゃって一人で中にいて手持無沙汰になるってことがないように、この日は誰が見るって決めておいてもらえるのはありがたいですよね。

久保

OJTの先輩がすごく優しくて気を使ってくださって。毎月面談を本当に親切にやってくれました。OJTの期間が終わった今も、たまに面談の場とか設けてくれて、相談とか話しやすい環境を作ってくださってます。

自分の近い将来のビジョンは?

久保

自分の部署だけじゃなくて他の部署の方から「これ久保さんにお願いしよう」とか頼られたり相談されるような存在になりたいなっていうのが目標です。いまはまず名前を覚えてもらえるように頑張ってます。

川崎

営業先のお客さんはみなさん私より歳上で、業界の知識とか商品や洋菓子の知識を持っている人ばかりなので、すごい緊張するしプレッシャーに感じることも多いんですけど、自分が提案した商品が採用されて、使用実績が初めて上がってるいるのを見たら、すごい嬉しかったんです。責任もあるし、プレッシャーも感じるけど、もっと大きい商談が決まるようになったらすごい楽しいだろうなって思うので、社会人としての立ち振る舞いも学んで、もっと商品知識も身に着けてもっと良い提案できるようになりたいです。

渡邊

僕には尊敬する上司がいて、いつも自分の所感とかじゃなくて、相手の立場になって考えてくださる方なんです。「いまの渡邊くんじゃ大変だよね」とか「いまの渡邊くんだと難しいよね」って自分の立場になって考えてくださって。僕も近い将来、初心を忘れずに相手の立場に立ってアドバイスできるような先輩になりたいなと思っています。

学生におすすめする
明治フレッシュネットワークの魅力は?

渡邊

新入社員でも、なにかしたいことがあったら積極的にチャレンジさせてくれるところです。新入社員だから…とか否定はせずに、まずは挑戦させてくれる環境があるってことは、すごくありがたく思います。

平野

僕も、ひとりひとりに大きな裁量権を持たせてもらって、仕事できるっていうのが魅力だと思います。「平野君がまずは自分の考えでつくってみて。できたら見せて。」って上司の方も言ってくれるから、自分で分析して提案書をつくってプレゼンさせてもらって、成功すると大きな達成感を得られますよね。
あと、明治の看板を背負ってプレゼンすることができるってことも大きいです。

大友

本当に先輩も上司もあたたかい方が本当に多くて。相談に乗っていただいたり、気にかけてもらえたり、気遣いをしてもらえるところが魅力です。

川崎

北海道から九州までほぼほぼ全国展開しているっていうのも魅力です。
お客様が新しく店舗を広げる時もエリアを限定せずに全国規模で対応できるから、すごく可能性の大きい会社だなって。全国で働けるっていうのも私にはポイントですね。人生一回きりだしいろんなところに行ってみたいな。

渡邊

色んな商品を数多く取り扱っているのでメーカーには出来なくて明治フレッシュネットワークにしか出来ないことがたくさんあるのは魅力です。
フェアとかで他メーカーさんとコラボしたり、色んな企画ができるのは当社の強みです。
あとはやっぱり明治商品を主力として扱えるとこかな。

大友

私は食べるのがすごい好きなので、それを仕事に結構活かせるってことです。
客先で取り扱っているものとか当社が使っている商品がどんなメニューになっているのかを、まずは自分で食べて確かめたりして。最近、流行っている食べ物とかお店とかを知るのも、仕事にすごい活かせてるなって思います。

渡邊

工場に研修で見学に行けたり、アメリカとかヨーロッパとか海外の研修視察があったり。そういうのは、仕事のモチベーションにはつながりますよね。

座談会風景

最後に、就職活動中の学生にメッセージ

大友

とにかく自己分析をしっかりおこなって、自分の将来やりたいことを明確にすることが大事だと思います。周りと比較せず、焦らず、自分のペースで就活に挑んでください!

平野

仕事は、1日の中で大きなウェイトを占めます。業務内容ももちろん大切ですが、一緒に働く人や、職場環境もしっかり見るよう心掛けてください。

川崎

就職活動は人生の大きなイベントの1つです。会社選びは人の意見を聞きつつも自分の考えはなくさないように気を付けてください。自分に合った会社は自分にしかわからないと思います。

岡村

就職活動でたくさんの会社を見ると思います。年の近い社員の方のお話は、自分が入社した後に感じる可能性があることも多いかと思います。先輩社員のお話や、選考で感じる自分の直感を大切に、自分に合う会社を見つけていただけたらと思います。それが明治フレッシュネットワークであったら嬉しいです!

全員

皆さん、悔いのないように頑張ってください!!

いかがでしたでしょうか?
先輩社員たちをとおして少しでも明治フレッシュネットワークのことを知ってもらえたら嬉しいです。
皆さんと一緒に働けることを楽しみにしています。